買って良かった!「HV-KB390L-JP」のレビュー

個人的にとても満足のいくキーボードを購入できたのでレビューします。 今回紹介するのは、2018年8月17日発売のHavit(ハヴィット)のゲーミングキーボードHV-KB390L-JPです。 (マイデスクでお気に入りの植物と一緒に撮影)

裏面は4つ角に滑り止めがり、一般的なデスクであればタイピング中に動くことはありません。

価格はメカニカルキーボードでは比較的安価な6,999円でした。
私がレビューするポイントは3つ:

  • 本体の薄さ
  • 癖になる打鍵感
  • 多彩なLED発光パターン

本体の仕様

本体の仕様は以下の通りです。

テンキーレスタイプ
横幅354.0 mm
奥行126.0 mm
高さ(スタンドなし)22.8 mm
高さ(スタンドあり)34.0 mm
重さ570 g
インターフェースUSB
接続方式有線(着脱式 micro USB)

注目すべきポイントはこの薄さ。愛用しているlogicoolのM705より薄い!!

キーストロークは 3.0mm で、一般的なノートパソコンよりも少し深いかなってくらいです。
キースイッチは従来のメカニカルスイッチより薄くて軽い、最新Kailhロープロファイルスイッチを採用しています。


そもそもキーボードが薄いどんなメリットがある?

個人的にはノートパソコンのようなキーストロークが浅いキーボードの方がマッチしているなと感じました。キーストロークが深いと手首に角度が付き、長時間タイピングしていると疲れやすくなります。(パームレスト未使用の場合)
「メカニカルキーボードを使いたいけどキーストロークが深いのは嫌だし、あまり高級なキーボードは買えない」といった方におすすめです。

打鍵感

キーボード選びには欠かせないのが、やっぱり打鍵感。私は見た目だけでネットショッピングでキーボードを購入したことがありますが、買った商品はすぐに飽きてしましました。 当時の反省を生かし、今回レビューしている「HV-KB390L-JP」は実際に店頭で触って購入に至りました。 というか、触った瞬間に欲しくなってしまいました(笑)
本体の薄さを絶賛しましたが、キーストロークが短いと打鍵感もいまいちなのでは?とお考えになる方もいるかと思います。しかし、このキーボードの打鍵感かしっかりとしています。軽すぎず重すぎずといったところでしょうか。一つひとつ「カチ」「カチ」という音も耳障りではありません。

LED発光

バックライトの発光色は青色のみです。緑みの青って感じです。logicoolのロゴの色に近いです(笑)
発光パターンはFnキーで変更できますが、専用のドライバでの設定が楽なのでこちらを紹介します。 ドライバのインストールはこちらから「HV-KB390L Mechanical Keyboard (US Layout)」のドライバをダウンロードしてください。

専用ドライバでは、バックライトの発行パターンの設定、キー割り当て、マクロ設定などが行えます。キー割り当てやマクロはまだうまく扱えていないので割愛します…
ここでは計14種類の発行パターンを紹介します。

Static

シンプルにずっと変化せず光り続けます。光量は「Brightness」で調節ができます。
以下のキーには適用されません。

  • Caps Lock (キーの機能によるもの)
  • Windows (なぜか光らない)
  • Print Scrn(キーの機能によるもの ※Fn+Print ScrnでゲームモードのON/OFF)
  • Scrl Lock(キーの機能によるもの)

ちなみに、各キーの機能ON時、設定した光量は反映されず、一定みたいです。

Breathing

ぼやーっと全体が明るくなったり暗くなったりする演出です。。光量の最小は0。最大は「Brightness」で調節ができます。また、明暗の変化速度は「Speed」で調節ができます。
以下のキーの”ON”には適用されず、一定の光量で光つづけます。

  • Caps Lock
  • Print Scrn(Fn+Print Scrn)
  • Scrl Lock

※以下、全てのパターンで同様

ちらつきに注意してください。

Wave

キーボード全体が波打つような演出です。波の方向は上下左右4方向設定することができます。光量は「Brightness」、波の速度は「Speed」で調節ができます。

ちらつきに注意してください。

Reactive

入力したキーのみが光る演出です。。光量は「Brightness」、消えるまでの速度は「Speed」で調節ができます。

ちらつきに注意してください。

Sidewinder

横へ一段ずつ順に光る演出です。Escキーから始まり、一定方向のみです。光量は「Brightness」、速度は「Speed」で調節ができます。

ちらつきに注意してください。

Ripple

入力したキーから8方向(キーボードだから6方向?)へ波紋が広がるような演出です。光量は「Brightness」、波紋の速度は「Speed」で調節ができます。

ちらつきに注意してください。

Raindrop

キー1つずつランダムに光る演出です。入力による演出はありません。光量は「Brightness」、消えるまでの速度は「Speed」で調節ができます。

ちらつきに注意してください。

Vortex

渦巻のような演出です。Escキーから始まり、同じ軌跡をたどって戻ります。光量は「Brightness」、速度は「Speed」で調節ができます。

ちらつきに注意してください。

Spotlight

左右から波が発生し、中心(iキーあたり)で交差する演出です。光量は「Brightness」、波の速度は「Speed」で調節ができます。

ちらつきに注意してください。

Radar

レーダーのように光が回転する演出です。時計回りと反時計回りが設定できます。光量は「Brightness」、回転の速度は「Speed」で調節ができます。

ちらつきに注意してください。

Running water run mode

左から右に階段状に光が進んでいく演出です。方向は設定できません。光量は「Brightness」、速度は「Speed」で調節ができます。

ちらつきに注意してください。

Running mold

光がトラックを駆けているような演出です。時計回りと反時計回りが設定できます。光量は「Brightness」、回転の速度は「Speed」で調節ができます。

ちらつきに注意してください。

Shade mold

下から上へ(逆もあり)次第に明るくなり、暗くなっていく演出です。方向は選択できます。光量は「Brightness」、明暗の変化速度は「Speed」で調節ができます。

ちらつきに注意してください。

DIY

設定したキーのみを常時点灯させることができます。4パターン保存することができます。
例えば「W,A,S,D」だけ光らせることもできるということです。

まとめ

結論は冒頭でもお伝えしましたが、買って良かったです。そこまで多くのキーボードを持っている訳ではありませんが、店頭で触ったり、ネットショッピングで口コミなどを見たりいろいろしました。その結果として出会ったキーボードで、3週間くらい使用していますが、今のところ大満足です。また、キーの割り当てや、マクロ機能などはまだ攻略できていないので、今後試してみます。
少し話は反れますが、実は初めての英語配列キーボードです。ある有名youtuberさんの動画で「キーボードは英語配列だ!」というのに影響されて、この機会に英語配列デビューしてみました。まだそこまで使い込んだ訳ではありませんが、Enterキーまでが近くて打ちやすいという印象です。細かな記号などはまだ慣れていませんが、良いキーボードに出会えたので今後使い込んでいきたいです。
最後までご購読ありがとうございました!

  • saya19951002

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です